本文へスキップ

高級時計の中でも「IWC」は男性に人気です。

『男性の左手首を飾るIWC』は高級ブランド時計メーカーのIWCついて 詳しくない人にもわかりやすく、 インターナショナル・ウォッチ・カンパニーの社名の秘密、シャフハウゼンの立地、 といったIWCに関するあらゆる情報を紹介します。

IWCという時計メーカー

腕時計に興味津々の男性ならIWCの名前を知っているでしょう。 男性はたまに左手首に腕時計を巻きつけている生き物ですが、夜中に目が覚めた時 でも休日に遅めの起床をした時でも現在の時間を確認するのに、スマートフォンや 携帯電話や目覚まし時計でなく腕時計を見るような人ならIWCが何の略か位はきっと とっくの昔に、2〜3年は過去に遡った時代でも知っていたでしょう。 スイスの時計メーカーIWCとはインターナショナル・ウォッチ・カンパニーの略で、 ただのIWCではプロレスの団体かとも勘違いされそうなアルファベットですが、 しっかりと正式名称を視認すればなんとも腕時計メーカーらしい会社名です。


ロレックスの買取なら
買い取りショップ『リサイクルマート』はブランド品、貴金属、金券、お酒などを高価買い取り。
ベイシア常滑店:常滑市大鳥町4丁目41 (知多エリアの買い取り)
カメリアガーデン幸田店:額田郡幸田町相見蒲原34-2 (蒲郡市からもすぐ!)
岡崎エルエルタウン店:岡崎市上和田南天白5番地1 (豊田市のお客様歓迎!)
http://recyclemart-ipc.com/

シャフハウゼン生まれ

スイスの時計メーカーIWCは1868年にジョーンズさんとキダーさんがスイスの チューリッヒ近郊のシャフハウゼンへやってきたことがきっかけで誕生しました。 ふたりは生粋のアメリカ人でスイス生まれというわけではないのですが、時計を作る ならスイスがいいとの考えがあってはるばるアメリカ合衆国からやってきたのです。 わざわざ生まれ故郷を離れて異国の地へと旅立ち、そこで時計を作ろうというのです からふたりの情熱はすさまじいものだったのでしょう。 時計に賭ける熱い血潮がふたりの体内を駆け巡っていたのでしょうし、スイスまでの 行程はきっと心躍る旅だったと思われます。


ドイツ的時計メーカー

スイスにある時計メーカーのほとんどは西部ジュネーブからバーゼル付近にあります。 この地域はフランス語圏なので、多くの時計メーカーはフランスの影響を多大に受け 製品にも少なからずその面影を無意識のうちに与えているのは否定できません。 フランス語を話す人達が作る時計はなんとなくフランスっぽい出来になるでしょうし、 日本語を話す人が作ればきっと日本らしい時計になるに違いありません。 なので同じスイスの時計メーカーでも拠点が違えば雰囲気も全く違うものになることも 充分起こりえることで、それが顕著に現れているのがドイツ語圏に工場のあるIWC の時計ではないでしょうか。


IWCの技術

スイスのシャフハウゼンにあるIWCの時計工房では西暦1868年の創立以来、 現在まで150年近くの間さまざまな技術が開発されてきました。 ムーブメントやケースなどの開発・改良が絶え間なく続けられてきたからこそ今のIWC の繁栄があるのでしょうと思うのです。 腕時計には永久カレンダー、トゥールビヨン、クロノグラフなど複雑な機能があり、 研究室では日夜新たな技術の研究が続けられているのでしょう。 いつまでもユーザーに満足してもらえるような高品質な製品を作る、そう考えている からこそIWCはこれまで素晴らしい腕時計を多く輩出してこれたのだと思います。


バナースペース